三河材とは

愛知県の東に位置する三河地方。中でも長野県・静岡県と隣接する奥三河地方は、愛知県の中でも最も森林の多いところです。この地域は、豊川・矢作川流域を中心として、温暖な気候と豊かな土壌に恵まれています。そこで育った三河杉は、光沢のある赤味と美しい木目で、鴨居や天井板などの高級材として利用され、三河桧は"柱"を中心に、狂いのない「素直で使いやすい」高品質の製品として利用されています。
そんな三河材(豊根村産の杉板)を用いての椅子を老津木工では作っています。

ゴムハンマーで木材を嵌合させて釘をつかわないで組立ることが出来るので、小さなお子様でも安全にお使いいただけます。